カメラボディと納品画像サイズ

本日は今現在、弊社が使用しているカメラボディと画像の納品サイズについてご説明致します。

Canon EOS 5D Mark III

5D Mark IIIは日本または世界的にみても、多くのプロの間で使用されているカメラです。弊社ではこのカメラをメインカメラとして使用しております。主なスペックは以下の通りです。今回はお客様へのデータ納品時に直接関わりの深い部分を中心にご紹介いたします。

【撮像画面サイズ】約36×24mm

【カメラ部有効画素】約2230万画素

【アスペクト比】3:2

【画像タイプ】JPEG、RAW(14bit、キヤノン独自)RAW+JPEG同時記録可能

【記録画素数】

L(ラージ):約2210万(5760×3840)画素/M(ミドル):約980万(3840×2560)画素/S1(スモール1):約550万(2880×1920)画素/S2(スモール2):約250万(1920×1280)画素/S3(スモール3):約35万(720×480)画素/RAW(ロウ):約2210万(5760×3840)画素/M-RAW:約1050万(3960×2640)画素/S-RAW:約550万(2880×1920)画素

【シャッター速度】1/8000~30秒(すべての撮影モードを合わせて)、バルブ、ストロボ同調最高シャッター速度=1/250秒

【連続撮影速度】最高約 6コマ/秒

Canon EOS 70D

撮像画面サイズが5D Mark IIIと比べると小さいため、通常はサブ機として使用していますが、動画に強く、背面ディスプレイがバリアングル液晶のため、5D Mark IIIでは対応しづらい場面で使用しています。

【撮像画面サイズ】約22.5×15.0mm

【カメラ部有効画素】約2020 万画素

【アスペクト比】3:2

【画像タイプ】JPEG、RAW(14bit、キヤノン独自)RAW+JPEG同時記録可能

【記録画素数】

L(ラージ) :約2000 万(5472×3648)画素/M(ミドル) :約890 万(3648×2432)画素/S1(スモール1):約500 万(2736×1824)画素/S2(スモール2):約250万(1920×1280)画素/S3(スモール3):約35万(720×480)画素/RAW(ロウ) :約2000 万(5472×3648)画素/M-RAW :約1100 万(4104×2736)画素/S-RAW :約500 万(2736×1824)画素

【シャッター速度】1/8000〜30秒、バルブ(すべての撮影モードを合わせて)ストロボ同調最高シャッター速度=1/200秒

【連続撮影速度】最高約7コマ/秒

以上となります。

納品画像サイズについて

よくお客様から「画像データの納品サイズはどのくらいになりますか?」とご質問頂くことがありますが、弊社では特にお客様からご要望がなければ、1番大きいサイズのデータ(jpg)で納品させて頂いております。他社様のサービスでは価格が安い代わりに納品サイズが小さかったり、大きいデータの場合はオプション料金が必要になる場合がございますが、弊社ではそのようなことはございませんのでご安心くださいませ.。

高画素数のデータで納品する理由

弊社がなぜ高画素数のデータのまま画像を納品させて頂いているかと言いますと、利用用途がネットショップなどWEBのみの場合は、確かに長編が1000pxほどあれば事は足りると思いますが、後からその画像の一部分を長編1000pxになるように拡大して使いたいとなった場合は、画像が荒れてしまいます。またもし仮に、後でカタログやチラシなどの紙媒体で使いたいとなった時に、1000px程度の画像では不十分な場合がございます。印刷の場合は画像解像度(密度)を300dpi~350dpiに変換する必要があり、WEBで通常使用される72dpiよりも大きなデータが必要となります。

元データ記録画素数が、1000px × 667pxの場合

・ピクセル(px)表示です。

・センチ(cm)に置き換えると以下のサイズになります。

・これを350dpiに変換すると以下のように小さいサイズになります。

これだと郵便はがき(148mm×100mm)の半分ぐらいでしか使用できません。

元データ記録画素数が、5760px × 3840pxの場合

・ピクセル(px)表示です。

・センチ(cm)に置き換えると以下のサイズになります。

・これを350dpiに変換すると以下のサイズになります。

これだとA3ぐらいでも使用可能になります。(下記図参照)

※例外として駅や店頭に掲示するポスターなど、遠目に見るポスターに関しては、画像解像度を150dpi程度に設定する場合があります。それは用途的に人が近づいて見るわけでもないため、遠目からだと十分耐えられる解像度がそのぐらいであるということです。

いかがでしょうか?

やはり撮影画像の元データについては大きいことに越したことがありません。それでも小さいサイズのデータをご希望の場合は、もちろん小さいサイズでお渡しすることも可能です。

(※ファイルサイズが小さくなるため、データが取り扱い易いといったメリットもございます)

ただ、小さいサイズから大きいサイズへの変更は画像が荒れてしまうため、上記の理由も併せて弊社と致しましては高画素のデータで納品しております。大は小を兼ねるということですね!


最新記事
アーカイブ

2016 Copyright © TOMMY'S corporation.

All Rights Reserved.

  • Instagram Social Icon